2018年5月19日土曜日

御田植え祭 2018年6月3日実施 (2018年5月19日)


「御 田 植 祭」   
みんなで「美味しい無農薬のお米を」作りましょう。

田植えの経験のない方、ある方、お集まり下さい。

○地域の皆様のご参加をお待ちしています。


田植えの後は、おにぎりと豚汁をみんな笑顔で食べよう!!

開催日🔶平成30年6月3日(日曜日)
      ※雨天の場合 6月17日(日曜日)に順延

時 間🔶午前10時~14時
    
     (受付 9時半~10時) 

場 所🔶大和国鹿島香取本宮内

主催者 ボーイスカウト奈良20団、大和国鹿島香取本宮 

※田植えの服装・・・・泥が付きますので汚れてもよい服装

※足元は・・・・・汚れてもよい靴下、長い長靴、(安全の為)

●稲の刈取りは、10月初旬に予定しています。収穫された無農薬の新米は参加者の皆様に配布しますので、ご家族で味わってみて下さい。

問合せ先 ・・・・大和国鹿島香取本宮 
        (0742)45-2535
      http://kashima-katori.com/
 収穫祭 
 平成30年10月14日(日)
   雨天の場合 平成30年10月21日(日)
   ※詳細は9月初旬に再度告知いたします。
 
地域ふれあい祭 
 平成30年10月28日(日)
   ※詳細は10月初旬に再度告知いたします。




2018年1月28日日曜日

節分 厄除祈願 2018年1月28日

節分の福豆
拝殿内にて授与いたしております。





節分の由来

 宇多天皇の昔、鞍馬山の奥の僧正谷という所に住んでいた鬼神が、都に乱入しようとしたので三石三斗の豆を煎って、鬼の目をつぶして災厄をのがれたと云うことが始まりであると言われています。また鬼に一年の災難を家の中から持って行って貰い、福の神を家に招き家内安全等を願う行事です。



今年の恵方   南南東



参拝者の皆様へ


当神社で祈願いたしました節分の福豆を授与される方は授与料をお供えのうえ、お持ち帰り下さい。




厄 除 祈 願

 厄除けとは、古くは平安時代より人生の節目に当たる年を言います。
 昔は人生50年と言われ一般的には男性と女性の厄年は異なり、本厄の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は、19歳、33歳、37歳、61歳とされています。
特に男性は42歳と女性は33歳の大厄と言われ、普段の生活においても謹んだ生活を過ごすように言われています。
 現在は人生80年と言われていますが、大厄を迎える人たちは精神的にも肉体的にも負担のかかる時期で、社会生活でも責任ある立場にあると共に私生活においても様々な問題に直面されていることが多くなる時に厄年がやってきます。
 また、体調の変化も現れる時期と考えられています。

                          

御予約

厄除けの祈祷を受けられる方は、お手数ですが

下記の電話番号かメールアドレスに御連絡下さ

い。




2018年1月5日金曜日

お鏡開き 青竹切り 2018年1月5日


御鏡開き

当本宮では御鏡開きの日におぜんざいを参拝者の方々に振舞っております。お餅は一年の無病息災を祈願し、神社にお供えさせて頂いた紅白の鏡餅を使用しています。
1月
午前1000分より
 
ご案内
居合いの型 青竹切り 1130分より
 大和国鹿島香取本宮では、円心流による居合いの型、ならびに青竹切りの奉納を行っております。




2017年12月30日土曜日

初詣のご案内 2017年12月30日

 
初詣のご案内
神馬嘶き巫女が舞う大和国鹿島香取本宮(神社)では
皆様のご参拝をお待ちしております 


神(深)塩
当神社には来年も皆様方が無病で生活を送って頂くために「神(深)塩」がございます。新年のおせち等にお使い下さい。


 
「水、塩、火」は人々の生活には欠かせないものであり、昔から新年の行事として、神社より初火を賜り初釜の火入れを行う事や各地では青竹を使いお神酒を頂く事で無病息災を願う人々が多くおられます。当本宮においても修祓には「神(深)塩」、祭事等には「青竹」を使っております。
                     宮司
 
 
 

2017年12月27日水曜日

蹄鉄の御守り 2017年12月27日

蹄鉄の御守り
 

 
当本宮では皆様方に幸せな生活を送って頂くために蹄鉄のお守りを作りました。  
 大和国鹿島香取本宮(神社)では文武の神を祀り、神様の使いとして神馬が奉納されています。
 古くから馬の蹄鉄は人々の災難を防ぎ幸福を呼ぶお守りとして家の玄関に飾られてきました。海外においても、招福(新郎新婦に幸せを招くために蹄鉄を送る)、魔除け(災難を遠ざける)、金運の向上(落鉄をした金の蹄鉄は拾った人の物となった事)、商売繁盛などの習慣や謂れがあり、国内においても交通安全(馬は人を踏まず、物を避ける事ため)の謂れがあります。
 馬の蹄鉄は馬の滑り止めのために付けられていることもあり、当本宮では「学業のお守り」としても祈願させていただきました。

 ご参拝者の皆様方の幸せを祈念させていただいております。

大和国鹿島香取本宮 宮司
 
 この蹄鉄はの御守りは、阪神淡路の震災以降も力強く歩んでこられた神戸市の「円(まる)や」さんの多大なる御協力のもと作成されたものです。



☎0742-45-2535
HP http://kashima-katori.com/

2017年12月26日火曜日

初詣 奉納太鼓(和太鼓) 2017年12月26日

初 詣

 当神社では、新年祭のご参拝は拝殿にて行っております。また、玉串料を御供えいただいた参拝者の方には、(身の御守り・破魔矢・札)をお渡しいたします。
 
 
奉納太鼓開催
                           

新年を祝う、迫力ある太鼓の響きは、参拝者の一人一人の心を洗い流し、勇気をもたらすものと思っています。
宮司
 奉納太鼓開催日
1月  午前11時・午後 
 
新年祭
1月1日~5日 午前時~午後時頃 
 

☎ 0742-45-2535
HP http://kashima-katori.com/